検索
HOME
検索
サイトマップ
問い合わせ
ねこすけ
トップ > 基本 > シェルスクリプトの書き方  

シェルスクリプトの書き方

基本



一行目の
#!/bin/sh シェルスクリプトの宣言

スクリプトファイルを作ったら属性変更を行う
$ chmod +x hogehoge.sh

実行の際は
$ ./hogehoge.sh

コメントは
#

ワイルドカード
* 文字全部
?   1文字
[...] []に含まれる文字どれか1つ
[!...] []に含まれない文字

[a-zA-Z]
[!0-9]

バッククォートによる置換

$ echo "Today is `date`"
$ STRING=`echo "abc"`

コマンド終了時のステータス
if test -f file
then
echi "file exists"
fi
成功が0、失敗が0以外

コマンドセパレータ
改行 1つのコマンド区切り
;  1つのコマンド区切り
|   パイプ
&   バックグランド実行
||  OR演算子 (前のコマンドが失敗した場合のみ実行)
&&  AND演算子 (前のコマンドが成功した場合のみ実行)


制御文

if
if command-list
then
command
else
command
fi


if test -f file
then
echo "file exists"
else
echo "file does not exist"
fi
testコマンドは[]で代用可能

if [-f file]
複数条件は

elif

for
for variavle in word-list
do
command
done


for i in a b c d
do
echo $i
done

while
while command-list
do
command
done


a=1
while test $a -lt 3 #aが3より小さいか
do
echo $a
a=`wxpr $a +1`
done
割り込み

while :
do
.....
if .....
then
break
fi
done

case
case string in
pattern1) commandlist ;;
pattern2) commandlist ;;
pattern3) commandlist ;;
esac
一致した時点でコマンドを実行し、その後の一致する条件があったとしても無視する。

test
ある条件を判定し、正しい場合には0を返す



フッター
備忘録
PEAR
PHPで動いているソフト紹介
その他
本
ねこすけのsmarty著作権表示
ねこすけCMSへ
[EDIT]
>